CHECK MATE - ASAGI's HOME PAGE -

空回り日記

・・・浅葱の行き当たりばったり超雑談場。ネタバレ常時容赦無。

2009年11月23日(月)

ラディウス。 [サモンナイト]

一休み〜。

遅々と進めているサモX。
バレ発言アリだと思いますので、ご注意下さい。




画像(152x180)・拡大画像(600x708)

弟!

「あばよ」

もうこれ一言に全てが……ってワケはないのですが、やっぱりというかなんというか、兄と同じく凄まじいスピードで旅立たれたワケですがー………いじめ?(苦笑)
色々な意味で早い男でした。
いや、改心するまでは順調だったと思うのですよ。
ただ、改心からのスピードが凄かったというか。
そして凄いスピードでイベント終了、みたいな。
やはり「あばよ」がいけなかったのでしょうか。
17年間塔に閉じこめられ、愛も知らずに育った……とまさに双子で忌み子とベタベタの設定だけど、そんな設定が大好きな自分的にはもうあの「あばよ」で涙涙なシーンが違う物へ変換されてしまった上に、皆の切換の凄い早さに余韻もへったくれも……なんだか非常に残念だった様な。

サモXは全体的にどのイベントもあっさりめなんだけど…凄くあっさりだった……。
アメリアは語りが長かった分一番余韻はあったが……が……ううん。

「唯一の家族なんだから」とか凄く好きで、ちょっとラディウス×ファラとかいいな、とか思ったのですが、もうこの時からフラグの匂いしか感じなくて。
ええ、もう、兄と同じ道の。
もう、凄く残念。

兄はもうどうしようもないと思うのですが、2週目とかで助かれる要素は持っていると思うのですよ。
でも、きっと駄目っぽいよな〜〜……DSめぇ(苦笑)

今回のサモXはあれですね、理不尽な人生を強いられて歪んで育っちゃった人達は抹殺の方向なんですね。
てか、4だけある意味異色だったのかな。
ギアン、良かったな(苦笑)


と、そんな感じ。
遅々とプレイしているので、1週目ももうちょっとかかりそうな感じです。
でももうクラヴィス神殿に居るので……もうすぐラスト?
実は最初のウィードにボコられて止まってます。
普通の戦闘では苦を感じないのですが、中ボスクラスではいつも綱渡りなので、少しレベル上げないといけないかもしれないです。
てかメンバー代えて、装備召喚変えればすむとは思ってるのですが。
まぁ、ぼちぼちと。

……ところで、議会で「神竜と男の子」というのがあるのですが……居ないんですが。
スミからスミまで何度探しても……なんでさー(T_T)
お陰で議会が中盤からストップですよ。あう。

と、嘆きつつ現実に戻ります。ではっ。

Posted by 浅葱 at 23時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年11月15日(日)

サモンナイトX。 [サモンナイト]

また微妙に体調がすぐれなかったりしたのですが、活動はもう平気っぽいです。<私信
イヤですね、頭痛とか熱とかって脳みその活動完全に停止するので。
そしてどんどんやることが貯まっていくのですよ……鬱。

で、遅々と進めているサモX。
話し相手が居ない今この時、もうここで叫ぶしか(笑)
と、いう事で、なけなしのオブラートに包むとは思いますが、バレに対しては相変わらず容赦なしに話していくと思うのでご注意下さい。




画像(118x180)・拡大画像(500x757)

兄!

で、兄。
プレイして間もない頃友人には言っていたのですよ、兄ってこうなるんじゃないか〜、みたいな。
そしたらやっぱりそうなったというか(苦笑)
もうそのシーン見た時にはあまりの早さに「ゴッドスピード兄(GPM的)」としかコメントが。
FF7エアリス的な望みすらないのがもう。
(あの当時は頑張りました。方法が絶対あるハズだと。)
前振りから考えてもう避けようがないのがまた。
ついてきゃ駄目だよついてきちゃっ!!
ただ、こうなるのはもっと後の方になるのではないかというのだけが希望だったのに。
もっと後半で戻ってきて、ラスボスあたりでこうなるとか。
で、そうすればもしかしたらギアン的に別の運命への可能性も出たかも……っても難しいか、兄の立場的に。
大体妹と未来語っちゃったしなぁ…。もうフラグだよねフラグ。あああ。

なんか悲しい。
二刀流なのが非常に好みで、洗脳されて悪役とか、唯一の僕キャラで眼鏡なのにっ……酷いです(T_T)
(設定資料集の兄の台詞って最後の台詞じゃんかー!! うう)

せめて…せめてあのイベントで兄を仲間にして自分でプレイしてみたかったです。
でももう仲間枠の隙間が無かったんです。
もうそこも悲しい。
(ギアンをプレイする事は出来なかったけど、兄なら出来るかもー、とかちょっと期待したのに)
(ギアンも2週目以降でクリア出来たらED後のおまけとかでバトル連れて行けるとかしてくれたら嬉しかった)
(……と、ギアン好きにしか嬉しくない希望なのであり得ないワケですが)
(はい、分かってます無理なのは(苦笑))

しかし兄は面白かった。
いや、台詞がね。特にあの洗脳がとけてないのにとけたフリするところとか。
台詞が微妙におかしいんだけど、本当に微妙というか。
読んでるこっちが「……ん?」みたいな感じになるとことかが凄く好きで(おかしいですか?そうですかー)
表情とか頭が!とかああいうベタなのもいいんだけど、この台詞回しのおかげで最後まで兄が怪しげで良かったなぁ、と。
惜しい人を……はぁ…。

今回のサモは本当にベタを抑えてて、かつ綺麗に話がまとまってるのでいい感じのゲームなのですが、いつものシリーズの様にツッコミが入れられないのはちょっと寂しいかな、とか(苦笑)。
や、感想は色々あるけど(笑)
特に兄とか兄とか兄とか。
、、、と、まぁ今はそんな感じです。
これから気になるところはメットですかね。
メットの今後を楽しみにしていたいと思います。

ところでザイツさんが実は凄くお茶目な人なワケですが。
戦闘後、いつか後ろに倒れるんじゃないかとひやひやして仕方がない今日この頃だったり。

Posted by 浅葱 at 03時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年03月10日(火)

ギアンの再生能力ってどの程度かな、と。 [サモンナイト]

負傷・再生の事をもそもそ考えていたら、案の定的に幽角獣の能力について妄想しだしたり。好きですね私も。うん大好きです。
幽角獣の持つ癒し効果って、実際のところどの程度なのかな、と。
ちょっと痛い話も出るかもしれないので、苦手な人は以下スルーでお願いします。

画像(450x300)・拡大画像(800x535)

幽角獣の癒し効果=完全に命の火が消えない限り、どんな怪我も病気も癒してしまう。
         ただし、魔力の源である角を折ると力を失う。

って事は、とりあえず不死身ではないですよね。
あと響界種は人より延命ではあるけれど、不老不死でもなくて。
そう思ったら、ギアンてどの程度回復・再生できるのかな、と。

今まではとにかく漠然と回復すると思っていたのですよ。
だから先の説明通り、怪我しても治るし、体力もすぐ回復する。
だから多少肉が引き裂かれようが、えぐられようが、骨が削られようが、砕かれようがそれすらも回復すると思っていたワケで。

ただ、切断された場合はどうなのかな、と。

「どんな」怪我、と言っているので、もしかしたら完全に切断された腕とか、足とかでも、くっつくのかな、と。
(怪我の範疇は超えている気がするのですが)
これが、切断された先が塵一つ残らない状態な場合(木っ端みじんとか焼却とか)の場合、再生はしないような気がするというか。
失ったものは戻らないと。
ただ、これの度合いもどの程度なのかなぁ、とか思って。
もしかしたら肉片の一部でも残ってれば再生するのか、とか。
えぐれたり削れたものが戻ると考えたら、それも考えられるなぁ、と。

いや、祖父の虐待で「やらなきゃ殺される」なところまで追い込まれている事も合わせて考えると、絶対えぐり出したり潰したりしてるんじゃないかな、と思うワケで。
実験する側として+憎悪の対象にあたる存在ときたら、やれる限りの、しかも非道な方向を試すと思うのですよ。
無色だしね。
どの程度再生されるのか、とか、どれくらいの時間が必要なのか、とか諸々。精神の限界とか。
丸焼きとかもあったかもしれない。こわっ。
普通の人間なら死ぬ様な事はあらかた試されてる気がするので、体の一部を塵一つ残らない状態にまでもっていかれても再生出来るのかなー、とか。
とにかく、角。角さえ残れば何処までも再生すると。
ただ、そう考えると首を飛ばされても、その現象が起こるのかな、と思うと、本当に化け物じみてくるのですが……でも非常に有りな気がしたり。

限りなく不死身に近い。

ここで思うのが、失った部分が生えてくるのか、修復されるのかで。
生える場合、やはりその分をどこから供給しなきゃいけないと思うのですよ。
そうなると角から供給出来るものって魔力だから、修復の方になるのかな、とか。
復元、といった方がいいのか?
ただ、あれですよね、、首から上を潰されたらアウトですよね。角も粉砕ですから。
またここで極端な事を考えてしまったのですが、、、いや、なんかこれはいいや…なんか私が認否人な気持ちになってきた。

とりあえずこの辺で(苦笑)
ギアンの不幸な状況がどの程度だったのか、とか、そういうのはもう何度も考えているのですが、未だに考え出すと止まらないというか。
ギアンの精神のアンバランスさとかも、過去のそういうのが全部含まれての事だと思うので。
人が「そんな事で…」とか「そんな程度で…」とか思っちゃうような事でもギアンにとっては簡単に流せない事っていっぱいあると思うので。
痛みとか残虐な事からくる精神の痛みとか辛さとかには凄く強いと思うのですが、人情的な部分には弱いし、感情的になるところが絶対多い。
虐待されるに至る前に、一番信じていた両親に裏切られたと思ってしまった部分で、時間をかけて祖父に追い込まれた部分なので。

だから何度でも言っちゃうケド、心の拠り所にしてしまったフェアに冗談でも「きらいっ」とか言われたら、それだけで心が裂けると思う(笑) 凄い弱いっ(笑)
なんだろう、ギアンED後のギアンは親絡みと、それ以上にフェアに関してはヘタレ全開なのはもうしょうがないと思う。
一生治らない。

・・・と、いつも通りの内容に戻ったので終了に丁度いいような(笑)
……でもギアンの事ちょっと苛めたくなる事は…うん、まぁ、はい、よくあるので、脳内で苛めてますよ(笑)
苛めがいあるので(笑)
痛い方向でしっかり一度描いてみたい気持ちもあるのですが、やっぱりついつい甘々の方向にいってしまうのですよね。
甘々も好きだし。やっぱりウザイくらい幸せになってくれるのが嬉しいので。
幸せがいいよ、幸せが。

しかし、幽角獣…未だに聖獣だと思えないのは…(苦笑)
なんか魔獣に思ってしまうのはギアンが禍々しいからというか…赤だよな、赤、原因は(苦笑)
天使の祝福によって幻獣が変化した存在とはとても。
フェアもギアンも天使の系譜の響界種なんだよね。
祝福されまくったらいいよ、まったく。してやるよー! ちくしょう(笑)

Posted by 浅葱 at 01時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年10月13日(月)

負傷モード。 [サモンナイト]

画像(137x180)・拡大画像(450x588)

負傷モード

★懐古フォルダ。
ちょっと捜し物があってパソの中を漁っていたのですが、まあ、ほら、整理されていないので、片っ端から開けていかないと中身が確認出来ないという…そんな状態に陥っていたのですが。
そうすると出てくるのですよね、こう忘れていた方が良かった様なフォルダとかフォルダとかフォルダとかが。
ギアフェにはまりたての頃に色々とメモっていたテキストがまるっと入ったフォルダとかね…。

一通り読んでみたのですが……覚えているのと覚えていないのと…あと何をしたかったのか謎なメモとか…とにかくなんかごそごそと。
しかも流石はまりたてな頃のテキストなので、いわゆる一つの初期ネタなのが初々しかったり恥ずかしかったり。

折角なので出すかな…と思ったのですが…勿論メモなので出せる程のものもなく。
(使えそう…?みたいなのはまたそのうち(苦笑))

そんな中の一つにあったのがギアンの傷ネタで。
最初の頃、あの体全身を覆ってるあの得たいのしれない服と長すぎるマフラーから、人との接触を嫌っているとか、体の傷を隠しているんじゃないか、とか…そんな事を考えた時があり。
(今でも基本接触嫌いはあると思ってる。あ、でもフェアとは常に接近戦。)

でも、ほら、ギアンて幽角の癒しがあるじゃないですか。
だから、復讐を忘れない為に体に傷を残しているんじゃないかと。
(イザークの顔の傷みたいな感じで)
で、それを隠していると。

ED後にその傷を消すんじゃないかなー、とか考えていて。
で、その話を描こうとしていた事があって。
どんな風に消すのかな…とか考えた時に、やはりもう復讐の気持ちは無いという事をフェアに分かってもらう為に、それをフェアに見せるのかな、とか。
でも、そこで考えてしまって。
虐待の傷だし、実験として受けたものだから、半端無いと思うのですよね、その傷。
えぐいと思うのですよ。

で、消す瞬間を見せる為に見せる訳じゃないですか…女の子相手にどうなのかなー、とそこで考えてしまい。

その傷が色々な理由(戦いとか事故とか)で受けたもので、一生消せないものなら萌えるんだろうなぁ、と思うのですが、虐待の証をわざわざ見せるのって……どうなんだろうか、と。
しかも消しちゃうんですよ。
(や、この消せるというのは、私の中での幽角の癒し効果なのですが)

で、そのままお蔵入りした記憶。

鬱々としそうだったので、ギアンには綺麗さっぱりしといてもらうことにしました。
体は。(こういうとなんかちょっと…(笑))
傷は心の傷だけでいいですよ、この男は。と、思った次第。
でも、傷が消せる方が、実は目に見えない分、余計心の方におってる傷が見えなくて厳しいというのはあるかな、とも思うのですが。
フェアにはきっと一生分からないし、ギアンもきっとそこまでをフェアには求めていないと思うし。
それでいいかなー、とか。


…と、なんか久々にそんな事を思ったので、ちょいつらつらと。

★負傷絵。
でもね、基本、負傷+包帯スキーとしてはギアンに巻いてみたかったりしたりしていたのは秘密ですよ。
でも、治っちゃうから巻けないさ(笑)
だから落書きしてみたり。
ギアンだと思うと不思議。
てか、幽角の癒しって凄いな。

そうそう、幽角の癒しといえば…セカイ2で一言で片づけてしまったのですが、本当はこの力使った描写をね、がっつり入れる予定だったのですよね……それは凄く悔しく。
響界種全開にしちゃったりとかさ……くそう。
全ては時間とか時間とか時間とか…あの夏は本気で死相が…あわわわ(恐怖)
そしてきっと冬も崖っぷちになるんだよ…そう神様が言ってるんだよ……うふふ(壊)

★拍手&コメントetc。
いつも押して下さりありがとうございます。
お返事は以下にー。

「負傷モード。」の続きを読む

Posted by 浅葱 at 21時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月19日(月)

DSキルナツED。 [サモンナイト]

画像(147x180)・拡大画像(600x733)

うち解けると話も弾みそう

★キルナツED。
ほのかにトキメかせて頂きました。
いいですね、キール。

EDを迎えて思った事は、キールって潔癖症っぽいなぁ、という事。
や、なんかギアンとかヤードとかって距離が無いイメージだったのですが(とくにギアンなんて他人に対しては距離ありまくりですが、フェアに対して距離感0。ヤードはそれなりに(笑))、キールって距離があるのがデフォみたいな。(父がああだからか?)
で、突然距離が一気に縮むタイプ、みたいな。
だから普段手が触れあうこともないのに、前触れも無しにとかあまりにも自然に手とか握られてナツミ「ぎゃっ」みたいな。
ここにはキール時空が発生していて、発生理由が他人には掴みきれないので寿命が縮む思いをしいられる感じ。

凄くマイペースなイメージ。

わりとサバサバしてるナツミだけど、よく振り回されて。
でもそれがドキドキする方向だと非常に可愛いなぁ、と思ってみたり。

キールの方は、もう「君の居る場所が僕の居る場所」なので、ナツミの傍に入られればそれで良し、みたいな。
そこさえ叶えられれば、他はどうでも良さそうだし、割とどうにかなると思っている様な…結構図太そう。
(それを考えるとギアンて繊細っぽい)
(ギアンも同じなんだけど…図太いというか時に不貞不貞しいというか…殺伐としてるというか)

つらつらと萌えさせて頂いてます。

★1週目。
最終メンバーは
ナツミ(契約者)・キール(護界召喚師)・ガゼル(大盗賊)・スウォン(スナイパー)・レイド(不壊の剣聖)・ラムダ(荒ぶる剣神)・シオン(霧の忍匠)・アカネ(朱の忍匠)
のATメインなメンバーでした。
常にやられる前にボコれ派な私としては割と良い感じなメンツで。
召喚師のキールが唯一の召喚型でした。
なのに幻実防御(召喚魔法と物理攻撃ダメージをMPで受ける可能性があるやつ。しかも受ける物理ダメージが防御と同じという特殊能力)を覚えてからは皆と同じ前線ですよ、この人。
もともと剣装備していた人なので攻撃力もあてにしないまでもとどめ刺す事は出来るし、また何に対してもダメージを大して受けなくなってしまったので、育てると前線で召喚が使えるので非常に便利でした。
ほら、範囲が届かないけど、前に出せば…って時にね。
しかもMPががつがつ返ってくるし。
つい、ここでヤードの事を思い出してしまうのですが…ほら、攻撃力・防御力がとにかく大変だったあの人…(笑)
そういう意味ではギアンはどっちも兼ね備えてたんですよね。響界種だからこそなんだなーとか。でも打たれ弱かったけど。(だからそれは心の弱さでボクの防御力もダウンみたいな)
ブレイブも全部クリアしたので、次のプレイ次はナツミ一人がっつり育てて是非に魔王を目指したいと。
ぼちぼちやります。

★ぷっつり。
緊張の糸が切れるといけませんね。微妙に目の前の事以外の事がやりたくなっちゃって(苦笑)。
はやく現実にもどらないとー…と思いつつ腰が重たいです。

★通販。
ご利用下さった方、ありがとうございます。
前回、今の原稿が目処だったら発送との事を言っていたのですが、いろいろ押し押しになってしまったので、明日発送させて頂きます。
おまたせしてしまって申し訳ありません。
発送完了しましたら、連絡板にてお知らせ致します。

Posted by 浅葱 at 22時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MEMO

MEMO2

Copyright (C) 2009 - 2014 H.ASAGI All Right Reserved.